精神科クリニック

私は精神科のクリニックや病院を転々としていた時期があります。それは主治医との相性が悪かったり、なかなか病状が良くならなかったからです。
あるクリニックに行った時私はとても悲しい思いをしました。精神科の専門のクリニックで個人経営の小さなクリニックでした。主治医は40代くらいの男性でした。病状や辛いことを一生懸命伝えるとその先生は症状を我慢するしかないよねと、一言。落ち込んだり、暴飲暴食をしてしまうそれがコントロールできなくて困っているのに我慢しなさいと。私はその一言でとても絶望しました。我慢するしか私の治療法はないのか、それができないから辛いのにと。
その言葉が衝撃的で私はますます体調を崩しました。引きこもりになり絶望からなかなかベットから起き上がれなかったのです。
今は別の病院に通い薬を飲みながら回復に向かっています。精神的な病気の治療は先生のことを信じれるかから始まると思います。このクリニックのことは私にとって忘れられない出来事でした。

夏に弱い私は、夏になると食欲がなくなり吐き気がするようになりよく、プラセンタの大阪の福永記念診療所に行っています。
大きな病院だと、診察してもらうまでに時間が掛かりますが、生野区の病院の生野愛和病院診察までの時間が短く吐き気が治まらない時にはすぐに点滴を打ってくれるので助かっています。
また休日である日曜日でも、具合が悪い時には先生が病院を開けてくれ治療を行ってくれるので私だけではなく多くの人にとってはなくなてはならない伊丹市の病院のいたみホームクリニックです。
大きな病院に行くと、お医者さんとの距離感を感じますがかかりつけ医の先生は、小さな事でも相談しやすく我が家の家族は全員この近所のかかりつけ医に通っています。
先生は、様子が変だと思った時に大きな病院を紹介してくれるタイミングも迅速で以前主人がかかりつけ医で診察を受けてすぐに大きな病院を紹介してもらい命拾いをした経験もあります。
近所のかかりつけ医というのは、そこに住む人にとっては欠かせない物だと思います。

女性の人生|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|ショッピングカート|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|心の童話|JALカード|初値予想|GetMoney|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|住宅リフォーム総合情報